CHINAPLAS2018、熱成型機への高まる関心

2018年4月23日から27日に、第32回アジアプラスチック・ゴム産業展が、中国・上海で行われました。

イリス中国は、ドイツ製の熱成型機およびCNC社のフライス盤“GEISS AG2を展示しました。

展示された熱可塑性製品、自動車産業用ボードならびに高い耐荷重能力を有する折りたたみ式プラスチックパレットへの関心は、

2017年に比べて目に見えて高くなっています。国内外の来場者はGEISS社製の自動車・航空・医療分野での高品質機器に深い関心を寄せていました。

ILLIES 中国とGEISSのチームは、4日間の展示会開催期間中、熱成形要素の製造プロセスについて、既存取引先と新規見込客に通知しました。

また、インドネシア、ベトナム、日本、韓国のイリスグループメンバーが集結し、自国の顧客同伴のもと、地域のスペシャリストとのビジネスマッチングの支援を行いました。

今年は、180人以上のTSD訪問者がCHINAPLASに来ており、うち26%は海外から来ました。

この展示会は毎年開催されており、製造機器や原材料・補助剤の分野の製造業者およびトレーダーにとって欠かせないイベントです。

イリスメンバーとGeiss社Manfred Geiss 会長
イリスブース来場者の皆様
展示会設営風景
CHINAPLAS 2018でのイリスチームメンバー