K.K. IRISU(C. ILLIES)がハイエンドプラスチック使用3DプリンターメーカーのROBOZE社との提携を開始

エンジニアリングプラスチックを使用した先進的な3Dプリントが日本で利用可能になります。

先週、我々の系列会社である、日本のKK.IRISUから3DスペシャリストがイタリアのRoboze本社を訪問いたしました。

Robozeは、最先端インダストリアルソリューションのためのFFFテクノロジーを備えた専門的な3Dプリンタの最も先進的なサプライヤ-の1つです。

Robozeは、さまざまな分野の要求に応え、それを上回るため最も過酷な環境にも耐える10種類の高性能熱可塑性ポリマーを提供しています。

集中的な研修を終え、 イリスの3Dチームは東京本社にあるショールームでワークショップを開催することで、

日本における3D市場へのハイグレードなポリマーソリューションの販売を開始します。

PEEK、Carbon PEEK、CarBon PA、Ultemなどの材料で信頼性の高い3Dプリンティングソリューションを提供できることは、

現地のマーケットで熱可塑性材料を使用した3Dプリントの技術を確立するための良策と言えます。

ROBOZEの3Dプリンティングソリューションは、すでにエアバス、メルセデスベンツ、ボッシュ、メルクなどの世界中の企業で使用されています。


ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。

池田径吽

携帯番号: +81 80 8721 1960

Email: k.ikedailliescom

Web: http://www.irisu.jp/3d-downloads/