レーザー・タイヤ金型洗浄装置 S-TMCS(フォージェット)

印刷ページを表示

フォージェット社について

4JET社は2006年に設立されて若い会社でありながら、現レーザー・システム、同技術、及び表面処理の世界的なリーディング・カンパニーに急伸しました。

タイヤ及びゴム業界向けには、レーザー式金型洗浄システム、タイヤ・マーキングシステム、タイヤ内面洗浄システム等、現在ではレーザーに頼らずに同等の品質が保てないプロせずにおいて、そのリーディング企業として活躍しています。
   

メーカー:4JET Technologies GmbH
国:ドイツ
   

製品について

S-TMCSはタイヤの加硫工程により、タイヤの金型に付着する不純物をレーザーにより除去するよう、設計された装置です。レーザーにより洗浄される金型の材質は、アルミ、鋳鉄、鋳鋼の何れでも可能で、また加硫機から取り外した直後の熱をもった金型に対しても適用可能です。

S-TMCS はオフラインにて、半自動又は全自動(オプション)にて、金型を洗浄することができます。 加硫機から取り外した金型はフォークリフト等により装置前面のテーブルに配置した後、運転員が予め設定されたレシピを選定して開始ボタンを押すことで、洗浄プロセスを自動的に開始・終了します。

金型の洗浄後最初の加硫時には離型剤の塗布が必要となりますが、2回目以降は同プロセスは不要です。

洗浄にあたって金型を分解する必要はなく、また通常のレーザー照射にて金型を損傷することもありません。従って、従来のドライアイス方式を含めたブラスト方式の金型洗浄と比較して、より高性能かつ短時間での金型洗浄が可能となります。 
   

表を拡大して見る
   

製品案内動画

レーザー・タイヤ金型洗浄装置 S-TMCS