プレスクエンチ装置(ヒース)

印刷ページを表示

ヒース社について

ヒース社はKarl Heeßと彼の甥であるThomas Strengが共同オーダーで、1945年に創業し、プレスクエンチ(型焼入れ)および周辺の熱処理を取り込んだ金属硬化装置開発、エンジニアリングおよび製造をおこなう世界のトップメーカーです。
   

メーカー:HEESS GmbH & Co. KG
国:ドイツ
   

製品について

プレスクエンチのプロセスを用いると、加熱されたブランク材を、専用の金型で全周を拘束しながら一気に油冷却を行うことにより、歪みを抑えたままブランク材に焼きを入れることができます。

ヨーロッパを中心とした世界の主要な自動車メーカー、歯車メーカーはヒース社のプレスクエンチ装置を用いて、変形の少ないより良い品質の製品を生み出すことに成功しています。それにより、不良品率を大幅に削減し、また再加工工程を省略し、さらに浸炭時間を短縮することにより、大幅に製品コストを削減することに貢献します。