ロータリスエージング装置(フェルス)

印刷ページを表示

フェルス社について

フェルス社は1905年に兄弟であったMr.Julius FelssとMr.Otto FelssによりドイツのPforzheimに設立されました。FELSS社はフェルスショートカットテクノロジーのブランド名で自動車産業など多様な分野に金属加工機及びコンポーネントを製造しています。冷間成型プロセスのロータリースエージング、アキシャルフォーミングがこのテクロノジーの中心です。
   

メーカー:Felss Systems GmbH
国:ドイツ
   

製品について

ロータリスエージングは、既に確立・立証された技術であり、最新の自動変速機、ドライブトレイン、ステアリング等の電気駆動分野で応用されており、数多くの実績があります。スエージングの主な特長としては、加工面全体で横断面の硬度が均一にあがることにより、部品の許容負荷の向上に貢献し、適用素材の選択肢が広がります。投入ブランク材とスエージング成型品の重量が同一のため、材料歩留まり向上、結晶粒組織が破壊されないことにより静的及び動的強度向上に貢献します。