オープナー(ボニーノ)

印刷ページを表示

ボニーノ社について

ボニーノ社は1913年に設立された、100年以上の実績・経験のあるイタリアのメーカーで、オープナー等の前処理装置からカード及びクロスラッパー等のフォーミング装置に加え、ファーレー社を退職した技術者と組んで、エアレイ装置も開発・提供しております。
2008年にはベルギーのHDB社を買収し、ベールからウェブに至るフルレンジの装置を提供することができます。
同社は、機械加工のほぼ全てを自社内で手がける等、品質面でも非常に信頼できるメーカーです。
イタリアという西欧州では比較的人件費が安い国であることに加え、大手の企業グループに属さないオーナー企業であることから、価格的にも欧州競合他社よりも魅力的な価格が提供できる、と思われます。
   

メーカー:BONINO carding machineries srl
国:イタリア
   

製品について

ボニーノ社はその仕様・用途により様々なオープナーを提供しています。

Type OFH
ベール・オープナーの下流に配置するよう設計されたもので、十分なファイバーが供給可能である一方、ファイバーの長さを保ちつつ巻き付きを防止するよう、設計されています。

Type 50
多様なコットン・ステイプル・ファイバー用のオープナーです。ラグ又は鋸刃状のワイヤーを完備することができ、不純物を除去する為のサクション・システムに接続も可能です。 また、不純物のないファイバーの場合、完全な閉鎖システムとしての供給も可能です。

Type 135
リサイクル・ファイバー用に設計された頑丈な造りのオープナーで、ソフト・ハードに関わらず様々なリサイクル・ファイバーの開繊が可能です。 開繊するファイバーの種類により、1350 mm 径のメイン・シリンダーは格子又は鋸刃ワイヤー付きで供給されます。

Type FTO
ブレンディング・オープナーで、不織布分野でのファイバーのファイン・オープニングという観点から理想的な、ものです。 ファイバーは要求されるレベルに到達するまで開繊され、結果として混合効果も期待できます。


Type Turbo
不織布製造ラインのトリムのオンライン開繊維用として設計されたものです。 また、固いリサイクル品の開繊用として、オフラインでも多用されています。 適用幅は500~1500 mm です。